ロングポジション

金融用語の解説

ロングポジション

株式を保有している状態を意味し、買い持ちとも呼ばれます。つまり、株式を保有する個人には、その株式からの配当や利子の支払いを受ける権利、株式を自由に売却または譲渡する権利、また株式の売却によるあらゆる利益を手元に残す権利があります。

またオプションを保有することをオプションのロングオプション(買い持ち)といい、保有者は行使期間満了日前に行使したり、売却したりする権利があります。

この用語は、証券会社や銀行が、本人に代わって管理しているポジションを表すときにも使われます。例えば、証券会社が証券会社名義で本人に代わって株式を保有すると、その人は証券会社の帳簿上でロングポジション(買い持ち)ということになります。

ロングポジション(買い持ち)は有価証券のショートポジション(売り持ち)の対義語となります。ショートポジションとは、投資家がブローカーを通じて株式を借りて売却するもので、将来的には利子をつけて返済しなければなりません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。